一覧へ
ハフナーセレナーデ

モーツァルトのセレナーデ第7番。

ハフナー家の婚礼のために作られたセレナーデで、第2楽章から第4楽章までがバイオリン協奏曲になっています。
第2楽章は一度聴くと忘れないような、美しい旋律。

高校生のときレコードを買ってよく聴いていました。

エド・デ・ワールト指揮/ドレスデン国立歌劇場管弦楽団
バイオリン・ソロ:ウト・ウギ

ゆっくりしたテンポで、変にテンポを変えることのない演奏。
ウト・ウギのバイオリンが甘く切なく響き、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団のホルンが美しく響いていました。

優雅で美しく、美しいが故に切なく響くセレナーデ。